特養巡り

特養巡り2日目。

至近距離のお高い個室タイプと従来型の安価なタイプ。高級個室施設は事務所にも入れず入り口で若い担当者から早口で説明を受けて終了。「なんだかなー」って感じでした。従来型は大きな声で親切に話してくれてちょっと安心。やはり「慣れている」って感じでしたね。帰宅して実家のカビだらけの浴室を「もしかしたら母親が帰ってくかも」と掃除していたら、お医者から「帰宅はダメです、ショート延長してください、特養に入れるまで」と電話がありました。ケアマネさんも「やはり」と言う感じで、これから父親に「お母さんは特養に入所してから外泊で帰ってこれるから」と話をしないといけません。ああ、すんなり理解してくれますように。もう在宅介護の限界だったんですもん。

天井の黒カビだけは落とせない
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓